KOHEI TAKAHASHI

WORK

「切断」のち「同化」(遠隔同化|Keep to assimilate another kohei)

「切断」のち「同化」
2017|video[50:03] Location:KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku

KYOTO ART HOSTEL Kumagusukuの客室を舞台に「遠隔同化―二人の耕平」は、「切断してみる。ー二人の耕平」(豊田市美術館)=「切断」を経て、再度「同化」を試みる為、客室の作品の総入れ替えを行った。

HANDOUT_Assimilation after cutting_

昨年10月にスタートした小林耕平×髙橋耕平による「遠隔同化―二人の耕平」。その後、同じ二人の耕平は、豊田市美術館で開催した「切断してみる。―二人の耕平」での「切断」にまつわる5 つの課題の実践を通して、想定外(?)にも、作家としての主体を露にし、思わぬ同化の一端を垣間見せた。この経験を受け、クマグスクで「同化」を顧みる。今回は、4 つの課題。お互いの手の内も分かったところで、それぞれの取り組み方はどうなるのだろうか。「切断」のち「同化」の試み。

【同化と◯◯ 境目を意識する】
同化は完全に「一」の状態なのか。ぴったりと重なった状態。ただ、そこにどんな区別も境目もないとなると、同化していると、どうやって証明することができるのだろうか。一つしか見えなければ、最初から一つしかないように思われるのだから、同化という出来事が起こっているのかどうかも分からない。同化を確かめるために、少しだけズラして、わずかな境目を意識してみる。4 つの部屋と一つの共有スペースから成るクマグスクの構造が、境目を意識することを可能にしてくれる。

テキスト:千葉真智子(豊田市美術館)


installation view [Photo MASAKAZU ONISHI]

ページ上部へ